出会いが必要な時代

出会い恋愛や結婚というものは多くの人にとっては高い関心事であり、人生の楽しさや幸福とセットで考えられることも多いものです。一方で結婚に関してネガティブなイメージを持ってしまっていたり、そもそも結婚相手とみなせるような異性と出会う機会が訪れないと嘆いている人も少なくありません。自らの意思で結婚しないことを決めている人は別として、結婚したいのになかなか婚活がうまくいかずに悩んでいる人に関してはなんとかして良い相手と出会うための工夫や努力または人脈というものが必要になってきます。生涯未婚率という50歳までの人生中一度も結婚しない人の割合も上昇している傾向があり、結婚離れが加速していると見る専門家も少なくありません。

もちろんこうした結婚率の低下は少子化とも結びついてくる部分が多いので、少子化対策に悩む日本としては生涯未婚率の上昇を放っておくわけにもいきません。ただ単純に出会いが少ないというだけでなく、金銭的な理由で結婚に及び腰になっている男性も少なくないようです。結婚式が足りないと感じていたり、結婚後家族を養っていけるだけの収入がないと感じて婚活に積極的になれない男性もいるようです。いっぽうで男女共に「いずれ結婚したい」と考えている人の割合は八割を超える高い数字が出ており、全体的に考えればやはり結婚したいのに出来ないでいる人が多いということがわかります。やはりまずは出会いというものがないと始まらないということです。